文字の大きさ

  • 通常
  • 拡大

背景色

  • 黒
  • 青
  • 白

第三者行為(交通事故など)について

届け出書類等

交通事故にあったら

1.第三者行為(交通事故など)でケガをしたら、健康保険を使って治療できるの?

交通事故などの第三者行為が原因のケガなどは本来、その治療費を加害者が負担しなければなりません。

しかし、加害者の経済的理由等により治療ができなくなることを防ぐため、国保や後期高齢者医療等の「保険証」を使って治療を受けることもできます。

2.必ず国保・後期高齢者医療・介護保険担当窓口へ届け出を!

ただし、国保や後期高齢者医療等の「保険証」を使って治療すると、その治療費は国保・後期高齢者医療・介護保険が一時的に立て替えたことになりますので、後日、国保・後期高齢者医療・介護保険は加害者にその立て替えた医療費を請求することになります。

そのため、国保・後期高齢者医療・介護保険を使って治療したときは、市町・国保組合・後期高齢者医療広域連合・介護保険者の担当窓口へ被害の届け出が義務づけられています。

窓口への届け出イメージイラスト

3.届け出に必要なものは?

「印鑑」「保険証」「交通事故証明書」が必要です。揃わない場合は後日でもかまいません。

「交通事故証明書」について

入手先

「自動車安全運転センター」佐賀県事務所
〒840-8691 佐賀市松原1-1-16(佐賀県警察本部内)
TEL:0952-29-0335

申し込み方法
「自動車安全運転センター」窓口申請の場合

窓口に備えてある「申請書」に必要事項を記入し、手数料(1通につき540円)を添えて申し込みます。

郵便振替による郵送の場合

警察署・交番・駐在所・センター事務所のほか、損害保険会社、農業協同組合、全労済などに備え付けの「申込用紙」に必要事項を記入し、手数料(1通につき540円)と郵便振替払込料金を添えて、郵便窓口へ提出してください。後日配達されます。

「交通事故証明書」は「人身事故」の証明がされているものが必要です。(相手側加入の自動車保険から賠償を受けるには「人身事故」である証明が必要なため。)

※警察に事故の届け出を行う際に、ケガをしている場合は、「人身事故」として届け出ましょう。

※事故直後は痛みを感じなくても、後遺障害が出るおそれもあります。どんな小さな事故でも必ず警察に届け出ましょう。

4.国保・後期高齢者医療・介護保険が加害者に請求します

すべての治療が終了したら、国保や後期高齢者医療等が加害者に対して損害賠償(当該医療費)の請求を行います。

交通事故でのケガなどは、多額の医療費がかかることが多く、加害者にとっては精神的・金銭的に大きな負担となるのが実状です。

第三者行為求償事務の流れ

5.示談は慎重に!

国保や後期高齢者医療等が一時的に立て替えた医療費については、本来加害者が負担すべきもので、加害者には返還する義務が生じます。

ただし、加害者から返還してもらう分について、当事者双方で請求しない旨の示談を行えば、国保や後期高齢者医療等が加害者に請求できなくなり、被害者自身が思いがけない負担を負うおそれがあります。

示談を結ぶ前に、必ずお住まいの市町、国保組合、後期高齢者医療、介護保険者の担当窓口に相談してください。

※交通事故には十分注意しましょう。そして万一に備え、自分や家族の生活を守るためにも、自動車やバイクに乗る人は任意保険に加入しましょう。

問い合わせ

事業振興課 事業係
〒840-0824 佐賀市呉服元町7番28号 佐賀県国保会館
電話:0952‐26‐4196

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?

      

ページ上部に戻る

Copyright ⓒ Saga National Health Insurance Organizations All rights reserved.

  • トップページ
  • メニュー
  • サイトマップ